DMM VR Connect SDKで
あなたのアプリを
Connectの世界へ繋げよう

DMM VR ConnectとSDKで繋がる世界

みんなのアバターがあなたのアプリの中で遊べちゃう

DMMが提供するVRプラットフォームはアバター管理機能などを提供。VRプロダクト / ゲームをつくる開発者はUnityへSDKを組み込むことで簡単にConnect対応アプリを作成できる!エンドユーザーはオリジナル/サンプルアバターが簡単に活用できる!

DMM VR Connect SDKとは

DMM VR Connectのアバター読み出し機能と配信機能がアプリケーションで利用できるようになるUnity Packageです。

機能紹介

  • 簡単ログイン

    簡単ログイン

    VRでパスワード入力不要!スマホからログインできます。

  • VRMアバター表示

    VRMアバター表示

    アップロードされたアバターを簡単に表示できます。キャリブレーションも楽々!

  • 直接配信

    直接配信

    Twitch、YouTubeなどの配信キーを設定しておけばワンボタンでRTMP配信可能!

DMM VR Connect SDKの導入はこんなに簡単!

1.DMM VR Connectに接続して認証する

1//Unity用の初期化を行う
2var config = new DVRAuthConfiguration(client_id, new UnitySettingStore(), new UniWebRequest(), new NewtonsoftJsonSerializer());
3
4//認証処理の初期化を行う
5Authentication.Instance.Init(config);
6
7//DMM VR Connectに接続して認証する
8Authentication.Instance.Authorize(
9    openBrowser: url =>
10    {
11        verificationUri = url;
12        Application.OpenURL(url);
13    },
14    onAuthSuccess: isSuccess =>
15    {
16        if (isSuccess)
17        {
18            LoginSuccess();
19        }
20        else
21        {
22            LoginFailed();
23        }
24    },
25    onAuthError: exception =>
26    {
27        Debug.LogError(exception);
28    });

2.DMM VR Connectにアップロードされたアバターを読み込む

1//VRMローダー初期化
2vrmLoader = new VRMLoader();
3//カレントユーザーを取得
4var currentUser = await Authentication.Instance.Okami.GetCurrentUserAsync();
5//自身のユーザーIDからユーザー情報を取得してカレントアバターを取得(データ暗号化)
6var myUser = await Authentication.Instance.Okami.GetUserAsync(currentUser.id);
7var currentAvatar = myUser.current_avatar;
8//アバターをダウンロードしてGameObjectを取得
9CurrentModel = await Authentication.Instance.Okami.LoadAvatarVRMAsync(currentAvatar, vrmLoader.LoadVRMModelFromConnect) as GameObject;
10//ロードしたVRMを表示する
11vrmLoader.ShowMeshes();
12//自動まばたきを使用する
13vrmLoader.AddAutoBlinkComponent();

3.アバターをVR内の自分の姿として動くようにする

1calibrator.LoadModel(CurrentModel);
2calibrator.DoCalibration();